rotamaru sleep blog

《皆さんの睡眠を良くする》をモットーにブログを書いています!!これを見れば睡眠の質が上がります!!

夜眠れない原因6つ やはり考えすぎがダメ??

皆さんどうもこんにちはrotamaruです

 

突然ですが、皆さん最近眠れていますか??

f:id:rotamaru0121:20200322114633j:plain

 

ぐっすりやで

ワイも

うらやましいわ.....

 

最近わたくしrotamaruは、なかなか眠れていません

 

 時に朝の5時まで眠ることができない日がありました(つい何日か前)

 

ええええwww

病気なるで.....

 

そう、こんなんだから日中も頭がほわーっとした感じです

 

あとリンパが腫れてるし…

 

さすがにこの生活を続けていたらヤバイと思い始めたので

 

改善しようと思い立ったのです

 

きっと、この記事に来てくれた方々は

 

僕のように、『眠れないンゴ…こんな生活変えたいんゴ…』

 

と思っていることでしょう

 

僕が夜眠れない原因を徹底的に調べ上げ、それに対するアプローチも考えたので

 

ぜひともご参考にしていただきたいなと思います

 

スポンサーリンク  

 

 

夜眠れない原因を探る

まず、夜眠れない原因は何なのか

 

睡眠の邪魔をしているのはいったい何なのか

 

を探ることが、快眠への近道と考えました

 

原因その1:スマホ・PCなどの電子機器

f:id:rotamaru0121:20200318163437j:plain

これは容易に想像がつくでしょう

 

スマホやPCの使い過ぎで、目がさえてしまっているんですね

 

原因その2:とにかく動いていない

f:id:rotamaru0121:20200322145844j:plain

現在春休みで、さらに新型コロナの影響で

 

外出しようにもできない…

 

そうなると家にこもってブログを書いたり

 

TwitterやYouTube見たり.....

 

 体力が有り余っているんですね

 

原因その3:不適切な昼寝

f:id:rotamaru0121:20200322150319j:plain

昼寝をすることが悪いことではありません

 

15分ほどの昼寝をとることで生産性が上がるので

 

むしろ良いことですが

 

 長すぎる昼寝や遅い時間の昼寝は

 

その後の生活に支障をきたしてしまうでしょう

 

原因その4:日光に当たっていない

f:id:rotamaru0121:20200322150846j:plain

 日の光に当たることによって生活リズムがリセットされて

 

夜ぐっすり眠ることができるといわれています

 

先ほど言ったように、部屋にずっとこもっているから日光にも当たらない

 

だから生活リズムが崩れっぱなしなんですね

 

原因その5:充実感を得ていない

f:id:rotamaru0121:20200315113154j:plain

夜更かしをする原因の一つとして

 

その日の充実感を得ていないからだ、と言われています

 

つまり、単調な日々の繰り返しでつまらないから

 

夜の時間にそれを埋め合わせをしようとするために

 

夜更かしをしてしまうということなんですね

 

 原因その6:余計なことを考えてしまう

f:id:rotamaru0121:20200322152729j:plain

今までの原因は寝る前のものでしたが

 

これはまさに寝るときのもの

 

皆さんもありませんか?

 

これから寝ようとしているのに

 

「あぁ明日バイトだりぃ.....」「仕事やだなぁ…」とか

 

余計なことを考えてしまいませんか??

 

いろんな不安が頭を駆け巡って余計に眠れなりますよね

 

それぞれの原因への対策を考える

とりあえず、原因のリストは上げきれたかなと思います

 

さてここからは、しっかりとした睡眠をとるために

それぞれの原因へアプローチしていきましょう

 

 原因その1:スマホ・PC・などの電子機器への対策

スマホの画像

 これはそんなに難しいことではないですね

寝る前にスマホやPCを使わないように心がけるのみです

 

 原因その2:とにかく動いていないことへの対策

日曜日のお父さんの画像

これも簡単な話

部屋にこもってぐうたらせず、たまには外に出てみることですね

 

原因その3:不適切な昼寝への対策

昼寝をする猫の画像

これは二つのことに気を付けたいと思います

  1. 何分昼寝をするか決める
  2. 寝る時間帯を決める

その理由を説明してくれる引用をお見せします

まずは1つ目の時間についてですが、昼寝をして眠っている時間を20分以内に留めましょうということです。例えば、眠りに入るまでに10分かかる人は、30分の昼寝タイムを設けると良いでしょう。20分以上眠ってしまうと、深い眠りに入ってしまったり、夜間の眠りに悪影響が生じる恐れがあります。若い人だと深い眠りに入りやすいので15分以内にすると良いという意見もあります。反対に、高齢者は深い眠りに入りにくいので30分以内に留めれば問題ないという声もあります。


2つ目の就寝時刻の9時間前とは、例えば、あなたの就寝時刻が23時なら「14時までに昼寝が終わるようにしましょう」ということです。それ以降に眠ってしまうと、夜間の眠りに悪影響を与える恐れがあります。よくあるのが、夜中になっても眠気がなく(専門的には睡眠圧がない状態と言います)、眠ろうとしても眠れないという状態になってしまいます。

出典:昼寝時間は「20分以内・就寝9時間前」が鉄則、その理由とは

 

就寝9時間前に済ますというのは初めて知りましたね

まぁ感覚的にも、あまり遅い時間に昼寝すると夜眠れなくなる

というのはわかりますからね

 

原因その4:日光に当たっていないことへの対策

木漏れ日の画像

 これも大したことないでしょう

「めんどくさがらず」起きたらカーテンを開けて

日の光を浴びるだけです

 

原因その5:充実感を感じていないことへの対策

不満をあらわにしている画像

これが厄介ですよね

何をもって充実感を満たしているかということ

 

ただ一つ言えるのは、日々同じことの繰り返しをしていたり

家にずっと引きこもっていると

充実感を得られないと思います

 

まぁ学校が始まったら変わってくるでしょうけどね

 

原因その6:余計なことを考えてしまうことへの対策

考え事をしている画像

 これですね、とっておきの方法を思いつきましてね

 

【頭をよぎるすべての不安を受け入れる】

 

これでずいぶんと変わります

 

 具体的にどういうことかというと

例えば「仕事でミスしたらどうしよう.....」という不安が出てきたら

 

「大丈夫、何事もうまくいく」という方向にもっていくのです

 

ときに、ものすごい思い考え事をしてしまうのです

「おれ、どんな風に死んでいくんだろう」とか…

 

お前、病んでんの??

そうではないと願いたいww

 

まぁそんな重い不安でも

「大丈夫、その時はその時だよ、何とかなる」

と、不安を丸め込みます。すると…

 

めちゃめちゃ心が軽くなって眠りにつきやすくなりました

 

これマジです

 

だまされたと思ってやってほしいくらい

 

 まとめ:夜眠れない原因

ということで長々となってしまいましたがいかがだったでしょうか

 

とにかく、規則正しい生活を心がけようってことね

 

まぁ偉そうに言ってるけど一番やんなきゃいけないのは主やけどな

ごもっともですw気を付けやすw

 

 皆さんも、良い睡眠を心がげましょう!!!

 

それでも眠れないという方にお勧めの記事↓

www.rotamarutrend.info

 

www.rotamarutrend.info

 

www.rotamarutrend.info