rotamaru sleep blog

《皆さんの睡眠を良くする》をモットーにブログを書いています!!これを見れば睡眠の質が上がります!!

寝起きに機嫌が悪いのは脳が原因?対処法も公開

こんなひとにおすすめ
寝起きに機嫌が悪いのはなぜか知りたい
それに対する対処法を知りたい
 

皆さんどうもこんにちは、二度寝だいすきでおなじみ【ろたまる】です

 

ようこそおいでくださいました!!

 

この記事に来てくれた方々はおそらく

 

寝起きに機嫌が悪いんだぁ…それが嫌なんだよぉ…

 

という方が多いかと思います

 

安心してください!!!

 

この記事を読んでいただければ

 

寝起きに機嫌が悪くならなくなる方法がわかります!!

 

ち・な・み・に 

 

寝起きに機嫌が悪いのを放置したままでいると

 

『あ、あのひと朝機嫌悪いんだよなぁ…関わりたくないなぁ』

 

と思われて、人間関係に支障をきたしてしまう恐れが....

 

なので、そうならないためにも! 

 

今回は

  • なぜ寝起きに機嫌が悪いのか
  • 寝起きに機嫌が悪い時の4つの対処法

 

を大公開します!!!

 

 

スポンサーリンク  

 

 

寝起きに機嫌が悪い?任せな!解決しやるぜ!!

なぜ寝起きに機嫌が悪いのか(身体的理由)

ベッドの上で胡坐をかく女性

まず、なぜ寝起きに機嫌が悪いのかを解明していきましょう

 

寝起きに機嫌が悪い理由は大きく分けて2つに分けられます

  • 身体的理由
  • 精神的理由

最初は、身体的理由から見ていきましょう

 

その1:ノンレム睡眠時に無理やり体を起こされたから

うつ伏せで寝る女性

レム睡眠とノンレム睡眠をご存知ですか?

レム睡眠とノンレム睡眠

レム睡眠:浅い眠り
ノンレム睡眠:深い眠り

人間の睡眠は90分サイクルでこのレム睡眠とノンレム睡眠を繰り返しています

 

僕ら人間が自然に起きられるタイミングはもちろんレム睡眠の時です

 

なので、理想はレム睡眠に起きるのがいいのですが

時にノンレム睡眠時に起きてしまうこともあります

 

体は完全にお休みモードです

 

そんな時に無理やり起こされたもんだから

脳がストレスを感じてしまっているんですね

 

なので、機嫌が悪くなってしまうのです

 

その2: 睡眠不足で脳や体の疲労が抜けきっていない

睡眠不足でぐったりの女性

レム睡眠で起きたとしても

 

睡眠不足で脳や体が完全に休まっていないと、不機嫌になります

 

これもまた、脳に負荷がかかっているからですね

 

なぜ寝起きに機嫌が悪いのか(精神的理由)

起き抜けに背伸びをする女性

次に、精神的理由を見ていきましょう

 

 ちゃんと睡眠をとったり、レム睡眠時に起きたとしても

 

不機嫌になることはありませんか?

 

それを解明していきたいと思います

 

その1:余裕がない

時計を見て「やばい!寝坊した!!」と絶望する女性

朝起きて絶望していませんか??

 

『あああああああああああ寝坊したあああああああ!!!!!!』とか

 

寝坊でなくても、『あぁ....もう起きないといけないのかぁ....』

 

こんな風に、朝余裕がなくてイライラしてしまう

 

というのがまず一つの理由でしょう

 

 その2:その日に嫌なことがある

頭を抱える女性

『あぁ今日バイトだぁ....めんどくせぇ....』

 

『あぁ会社行きたくないなぁ....』

 

という感じで、その日に嫌なことがあるとイライラしちゃいませんか?

 

これが二つ目の理由です

 

寝起きに機嫌が悪くならない方法

さてここからは、寝起きに機嫌が悪くならない方法4つ

 

皆さんにご提供していきたいと思います

 

その1:レム睡眠に起きる

まずは簡単な話

 

眠りが浅い時に起きればいいのです

 

そうすれば気分よく起きられます

 

上記の通り、レム睡眠は90分サイクルでやってくるので

 

6時間後・7時間半後に目覚ましをかけるのが理想的でしょう

 

ちなみに僕のおすすめの目覚ましアプリがあるのですが

 

それがこちら

play.google.com

Sleep Cycle: スマートアラーム目覚まし時計

Sleep Cycle: スマートアラーム目覚まし時計

  • Sleep Cycle AB
  • ヘルスケア/フィットネス
  • 無料

apps.apple.com

 

sleep cycle】という睡眠計測アプリです

 

このアプリのすごいところは、

 

睡眠が浅い時間におこしてくれるところ

 

さらに、その日の睡眠の質やどのような行動が睡眠にどう影響を与えているのかも教えてくれるという優れものなんです!

 

ぜひ皆さんも使ってみてくださいな

 

その2:しっかりとした睡眠をとる

寝不足で不機嫌になってしまうのであれば

 

ちゃんとした睡眠をとれば解決します

 

でも…具体的にどうすればいいのよ…

 

安心してください

 

はいてますよ! やかましいわw

 

話を戻しますねw

 

私ろたまる、『快眠』に関する記事は4つほど書いておりますので

 

ぜひ参考にしていただきたいなと思います!↓

www.rotamarutrend.info

www.rotamarutrend.info

www.rotamarutrend.info

www.rotamarutrend.info

 

 その3:いつもより、早めに起きる

時間と余裕がなくて、イライラしてしまうのであれば

 

いつもより、30分だけでも早く起きればいいのです

 

ずいぶんサラっと言ってくれるなぁ!!!
そんなに簡単に出来たらやってるわ!!

 

その通りです

 

ですが、早起きできるコツがあるんですよ!

 

みなさん、早起きしようとするとき

 

【○○時に起きる】という感じで

 

起きることをゴールにしていませんか?

 

それだと二度寝してしまう可能性が高いです

 

そうではなくて

 

 【○○時に起きて、散歩をする】

 

といった感じに、起きてからする行動をゴールにすることで

 

二度寝できなくなりますよね

 

このような工夫で、簡単に早起きができます

 

その4:朝の楽しみを設ける

『あぁ…起きるのやだぁ~』

 

となってイライラするのなら

 

朝、自分だけの楽しみを設けてみてはいかがでしょうか

 

例えば、『朝起きたら好きなアーティストの曲を聴く』とか

 

『朝ごはんに好きなものを食べる』とか…

 

そうすることで、朝起きるのが嫌になるどころか

 

朝起きるのが楽しみになりますよ

 

イライラなんて、吹っ飛ばそうぜ!!

 

まとめ:寝起きに機嫌が悪い理由と対処法

ということでいかがだったでしょうか

 

下にこの記事の要約を載せておきますので

 

復習がてらに見てくださいね!

 

ご覧いただきありがとうございました!!!

 

 

まとめ
寝起きに機嫌が悪い理由
ノンレム睡眠時に起こされたから
睡眠不足で脳や体が休まっていないから
余裕がないから
その日に嫌なことがあるから

寝起きに機嫌が悪くならない方法

レム睡眠時に起きる
しっかりとした睡眠をとる
いつもより少し早く起きる
朝の楽しみを設ける

 

スポンサーリンク